伊藤忠の住まい CREVIA

私のCREVIA−クレヴィア オーナーズボイス−

通勤にも暮らしにも便利な駅近ライフ。
間取りをきちんと活用することで、広々と過ごせています。

  • #006
  • 神奈川県在住 間取り:3LDK+2WIC 家族構成:3人
お住まいとの出会い

都内の勤務地まで通勤しやすい場所という立地条件で住まい探しをしていました。ここは駅も目の前で、勤務地まで乗換なしでアクセスできるのが魅力でした。こだわりだった横長のリビングという条件もクリアしていましたし、夫婦それぞれの実家の中間地点となるエリアだったことも決め手の一つですね。

間取り:3LDK
面積:約70㎡

駅近ということを忘れるほど
リビングでは静かに過ごせます。

駅近という立地環境はかなり重視しました。ここは歩いて2分ですぐに駅ですし、雨が降っていても屋根がない区間が30秒ぐらいなので気になりません。バルコニーの外には駅前の風景が広がっているのですが、防音サッシがしっかりしているので、駅前ということを忘れてしまうくらい静かですね。また、駅前だと将来的な資産性も下がりにくいかなと思っています。

住空間を上手に活かして、
余分なインテリアは置かないように。

間取り・住空間は本当に気に入っています。こだわりだった横長リビングは、期待通りに室内で明るく過ごせ、陽が射すので冬でもポカポカしています。晴れた日の日中は照明を付けなくても十分明るいですね。また、ピクチャーレールや備え付けの収納など、もともとついている設備や機能をきちんと活用すれば、住んでから何かを買い足す必要はあまりありませんでした。だから室内に余分なモノが増えずスッキリした空間を保てています。

オーダーの置き畳で
洋室を子どもが遊べる和室スタイルに。

リビングに隣接するBedroom3は、オーダーした置き畳を敷き詰め、和室のようにして使っています。和室のメニュープランもあったのですが、押入れがつくられることによって、帖数が減ってしまうため、基本プランの洋室に置き畳を敷くことにしました。
基本的にはリビングとこの洋室で完結する生活スタイルで過ごしており、夜は家族3人でここに布団を敷いて寝ています。
また、ここはリビングからもキッチンからも視線が行き届くので、子どもを安心して遊ばせることができます。布団は別の洋室に片付けていますが、他の洋室2部屋は、夫婦それぞれの個室のようにして使っています。

取材を終えて

インテリアや小物なども住空間に調和するカラーや質感のものでまとめられていて、すっきりとした心地よい空間でした。メニュープランを選択せず、自ら工夫して洋室を和室スタイルにするなど、よく考えられた住まいの使い方に驚きました。トイレの飾り棚は小物がきれいに飾られていました。ご家族皆様でのご協力ありがとうございました。

このページの先頭へ