私のCREVIA−クレヴィア オーナーズボイス−

開放的な住空間のポテンシャルを引き出す。

  • #011
    • 東京都在住 間取り:3LDK 家族構成:3人
お住まいとの出会い

結婚してからは、一駅隣に住んでいたのですが、子どもが生まれるのをきっかけに住まい探しをはじめました。このエリアを選んだのは、夫婦それぞれの実家に電車でアクセスしやすい場所だったからです。当初は中古のマンションも視野に入れていたのですが、人気のエリアということもあり、費用をトータルで考えると新築とそこまで変わらなかったので、新築マンションを探すようになりました。他の新築も検討したのですが、クレヴィアのデザイン性や間取りが気に入ったので、ここに決めました。

間取り:3LDK
面積:約75.52㎡

LDと繋がる洋室の引き戸を開放することで、
広いリビングを実現しました。

もともとリビングの隣は1 つの部屋だったのですが、子どもが小さいこともあり、広い空間にしたかったので、リビングとつなげて使っています。また、一般的なマンションよりサッシが高いのも圧迫感がなくて気に入っています。実はリビングからの眺望の良さには住んでから気付いたんです。もちろん購入する際に「見晴らしがいい」というのは聞いていましたが、ここまで見晴らしがいいのは嬉しい誤算でしたね。見晴らしの良さも相まってリビングが本当に開放的です。工夫の1 つとして空間が広く見えるように、インテリアは住戸のカラーに合わせて揃えています。

インテリアオプションを上手に活用。

クレヴィアでは購入時にインテリアオプションを選択できるのですが、リビングの柱の一角はまさにインテリアオプションで取り付けたものです。木目が組み合わさったデザインで、空間全体のアクセントとしていい味を出してくれています。また、空間を広く演出するために鏡も取り付けているのですが、キッチンに立った時にダイニングまで見ることができるので、子どもがそこで遊んでいても見守ることができますね。廊下にもインテリアオプションで取り付けたコート掛けがあるんですが、これがまた便利です。来客の上着やコートをかけるのはもちろん、明日着る予定の上着をかけておけるので、スムーズに出かけられます。

「インスタグラム」で学んだ収納術で
スマートな空間に。

収納はわかりやすく、整理された状態にしたいので、収納棚の中にさらに収納ケースや棚を入れてモノを保管しています。棚のサイズをきちんと図って、それにフィットするアイテムを揃えました。こうすると見栄えも綺麗ですし、どこに何が仕舞ってあるかわかりやすいんです。あと、キッチンの壁面がホーロー製で、全面にマグネットが付けられるようになっています。お手入れしやすいのはもちろん、フックを掛けたり、ホワイトボードを付けられるので便利ですね。

取材を終えて

綺麗で開放的な住空間を支えているのは、計算され尽くした収納術でした。これまで様々な収納棚の使い方を見てきましたが、収納棚の中までもキレイに整頓されているのには驚きました。この恵まれたロケーションと空間のポテンシャルを最大限に高めていると感じました。