私のCREVIA−クレヴィア オーナーズボイス−

実用性と空間効率にこだわりDIYで仕立てた家具。

  • #012
    • 東京都在住 間取り:1LDK 家族構成:1人
お住まいとの出会い

ここに住むまでは千葉県にある実家に住んでいました。それまで会社への通勤時間がけっこうかかっていたので、都内で賃貸に住むか、マンションを買うかで悩んでいました。ここなら会社まで30分ほどでつながり、しかも友人が近くに住んでおり、1LDKが1つだけ空いていたので、ご縁を感じて購入することになりました。

間取り:3LDK
面積:約75.52㎡

空間に合わせて仕立ててもらった
テレビが取り付けられるパンチングボード。

この部屋で1番工夫したポイントは、テレビが取り付けられるパンチングボードです。当初はテレビ台も考えていたのですが、部屋の広さも限られていますので、次にテレビの壁掛けを検討しました。しかし、壁に穴を開けたりするのは抵抗があり、悩んでいました。ちょうど弟が空間の内装を趣味・仕事にしているので相談してみると、この間取りに合わせたパンチングボードをDIYしてくれました。テレビの角度も動かせるので、キッチンからもテレビが見れますし、掃除もしやすい。さらに小物なども掛けておけるのですごく便利です。

セキュリティも安心花火が見える角住戸。

マンションで暮らすにあたって重視したのは、セキュリティですね。ここは伊藤忠都市開発さんへの信頼もありますし、高層階なので安心できると思いました。この部屋は角住戸になっているので、明るいんですね。ちょうど角の部分が窓になっているので、カーテンは窓の形にぴったり合うものを探しました。腰窓のニッチカウンターには、沖縄旅行に行った際のお土産のサンゴなどを飾っています。また、お風呂にも窓があって、換気の時にすごく重宝しています。ここは購入前から花火が見えるとは聞いていたのですが、実際に住んでみると夏には7ヶ所くらいの花火が見えて、こんなに見えるとは驚きました。

スペースを有効に利用したキッチンのストック棚。

キッチンのレンジの上のスペースが余っていたので、弟に頼んでここにも棚をつくってもらいました。スペースを遊ばせることなく収納にでき、壁に穴を開けずに取り付けられたので満足しています。また、在宅で仕事をしたり、趣味でミシンを使ったりすることが多いので、ダイニングの照明は高さを調節できるものを探しました。書類や本を読む時は照明を下げればデスクライトのように使用できるんです。電球の下が持ち手になっているのが、デザイン的にも実用的にも気に入っています。

取材を終えて

弟さんが自作してくれたという棚やパンチングボードがお見事でした。空間のサイズにピッタリとフィットしているので、最初からこういう造りの空間だったのではと錯覚するほど。また、それぞれのインテリアも空間に合うものを探されたというだけあって、デザインだけではなく実用性も兼ねているのが印象的でした。